メンタルヘルスケア 株式会社B−GROOW 

メンタルヘルスケア導入の目的

企業にとって財産である「人」に、個人的な問題を解決するための専門的なサポートを提供することによって、業績や生産性の維持、向上を目的とします。

メンタルヘルスに取り組むメリット

生産性向上と労災予防
幅広い相談に対応し、早期に対処することにより悪影響を最小限にします。
福利厚生
社員を取り巻く環境を総合的に支援する福利厚生サービスとなります。
医療費軽減
予防・早期発見により、治療期間の短縮、医療費軽減が見込めます。

面接までの手順

手順
arrow036_10-1
予約
arrow036_10-1
訪問・相談
arrow036_10-1
報告

相談希望者は面接受付担当に予約します。
受付担当から面接官へ予約状況を通達します。
面接官が定期的に企業を訪問し相談を受けます。
・プライバシーの守られる空間で相談を受けます。
・原則的に1対1、1回の面接は50分です。
半期に一度、相談傾向の報告を行います。
・人事労務管理に利用することができます。
※ 但し、個人情報に関しては、相談者が承諾する場合以外は報告されません。

サポート内容


ストレス
対人関係
セクハラ
育児・介護他
arrow063_10


解決策の糸口を探し
健康な状態を維持
心因性ストレスによる
病気の予防
早期発見
復職支援
復職後サポート
arrow063_10


生産性・業績の
維持、向上を目指す
必要な場合は、相談者に確認の上、人事・労務コンサルタントへ情報を提供

オプションサービス

①ストレス診断

  • 社員個人・組織全体・部署ごとのストレス度を計測し、自社の状況を把握する材料とします。また、その結果から重点的にサポートすべき箇所を検討します。

②研修

  • 「役職者のためのリスナー研修」
  • 「うつ病の正しい理解」、「自己分析」など。

③傷病休職復職サポート

  • 休職者がスムーズに復帰できるよう、休職中から周囲と連携を取り、復職までのプログラムを作成します。プログラム終了後も必要に応じてアフターフォローを行います。